フィットボックスとBTMMS193520比較

フィットボックスとBTMMS193520は非常に人気があるフィットネスバイクですが、一体どこがちがうのでしょうか?
ここでは、フィットボックスとBTMMS193520比較しました。

フィットボックスの3つの大きな特徴

フィットボックスの大きな特徴は、マンション対応の清音設計・軽量・コンパクトの3つです。自宅で体力つくりをなさる方は大勢いるでしょう。戸建てなら周囲を気にせずに思う存分動けますが、集合住宅ではそれができません。一般的なエアロバイクは電動なので大きな音と振動も発生しますが、フィットバイクではその心配がなく、夜間でも安心して利用することが可能です。フィットボックスは一般家庭向けの商品で、大きさもコンパクトです。

BTMMS193520の最大の特徴とメリット・デメリット

BTMMS193520は8段階の速度調整で自身のペースに合わせたり、負荷をかけてチャレンジすることも可能です。
操作はとても簡単でボタンを押すだけでモードを切り替えたり、長押しすると数値をリセットしたりとシンプル設計です。
大きめの液晶ディスプレイには速度や距離、カロリー消費量などが表示されるので、リアルタイムに把握できるのが最大の特徴です。
そんなBTMMS193520のメリットは、自宅でも気軽に効果的なエアロバイクトレーニングが行えることです。
一方、デメリットは14kgという重量があるほか、僅かとは言えバイクをこぐ音や振動が発生するため、設置場所に留意しなければならないところです。

フィットボックスの5つの特徴的な機能

フィットボックスの5つの特徴は、負荷を操作が出来るというのが最大の特徴で挙げられます。それ以外では、ペダルの方向を変えて前進もすることが可能です。残りは清音・軽量・コンパクトというもので、大半が機能面を重視していることがわかるでしょう。フィットボックスは筋肉トレーニングに特化しているエアロバイクです。以前は専門施設でしか設置をされていませんでしたが、2000年から家庭向けの機種も登場しました。現在の主力商品となっているのは、電源が搭載されていないものです。これは使用者の体重を利用しているので、自在に重さを調整することが可能になっています。なお、2004年に販売されたものだけはこの限りではなく、100Vの電源を搭載した電動バイクです。10キログラムから最大で200キログラムまでの負荷をペダルにつけられるので、筋肉をしっかりと鍛え上げることが可能になっている製品です。人気があるので、購入しやすいです。

BTMMS193520の支持される3つの理由と人気の理由

リモートワークが増えたせいで、なんとなく太ったような気がする人や、健康維持のためにジムに通いたいけれど面倒だという人は、家で運動をするのがおすすめです。その中でもフィットネスバイクのBTMMS193520が人気ですが、その理由を3つに分けてご説明します。
1つ目は、小さくて可愛らしいことです。家のインテリアとしても違和感がなく、女性の部屋にも溶け込むデザインと色のシリーズがあります。折り畳みも可能なので収納にも困りません。2つ目に、静音性が挙げられます。マンションやアパートに住んでいる場合、ランニングマシーンの足踏みの音や機械音が近所迷惑になる可能性がありますが、この商品はエアロバイクですので音がほとんどしません。3つ目は、デジタルメーターの上にスマートフォンや雑誌が置けることです。一人で黙々と行う運動は、途中で飽きてしまうことが一番の敵と言えますが、動画や雑誌を見ながらでしたら長く続けることができるでしょう。

webmasterをフォローする
フィットボックス口コミ・評判・効果は?静音は真実?組立て・販売店・最安値
タイトルとURLをコピーしました