フィットボックスとBTMMS196700口コミ・評判

フィットボックスとBTMMS196700は似ているフィットネスバイクですが、一体どこがちがうのでしょうか?ここでは、フィットボックスとBTMMS196700を徹底比較しました。

フィットボックスの3つの大きな特徴

大きな特徴を3つ挙げると、静音駆動・軽量・2年間の保証を備えているのがフィットボックスです。一般家庭で使用しやすい静音設計になっていて、スピニング駆動で振動も発生しないのがフィットボックスの魅力といえます。夜間でも音と振動がないので、マンションにお住まいでも周囲を気にせずに運動に励めます。総重量が18kgしかないので、設置場所を移動させやすいのも特徴でしょう。フィットボックスは購入後は2年間の保証もあってサポートも万全です。

BTMMS196700の最大の特徴とメリット・デメリット

BTMMS196700の最大の特徴としては、場所を取らないコンパクト設計なのに本格的なバイクトレーニングが可能な構造である点が挙げられます。BTMMS196700のモードは、収納も含めて3段階に変形出来ます。特におすすめなのが、背もたれにもたれかかるリクライニングモードがある点で、これは固定式のマシンでは出来ない事です。負荷が10段階ときめ細かく調整出来るので、健康を維持したい方から本格的なトレーニング目的まで幅広い方に対応可能です。

フィットボックスの5つの特徴的な機能

フィットボックスには、心拍計・体重測定という機能が搭載されています。エクササイズをする場合必ず、自分の体調管理を重んじないといけません。この管理をフィットボックスが担っており、計200日間の記録を保管してくれます。2003年に販売された機種であれば、さらにスマートフォンを使用した遠隔管理にも対応しているほどです。それ以外では、自動負荷調整とサドルの高さ・ペダルの方向性を調整することも可能になっています。家庭用マシンではありますが、本来の業務用機能をしっかりと搭載しているおかげで、自宅でも効率良く活用ができるでしょう。1990年に販売されたフィットボックスの初代モデルは、一切電源を備えていないものです。あくまでも全身運動に重きを置いてたので、筋肉トレーニングには多少力量が及ばなかった面もあります。いまではその面もカバーをされているので、世界各国で愛用者がたくさん登場するに至ったといえるものです。

BTMMS196700の支持される3つの理由と人気の理由

BTMMS196700が支持される理由として持ち運びやすい点や背もたれ付きで座り心地のよいこと、また心拍数の測定ができるという3点が挙げられます。BTMMS196700の重量はとても軽く、持ち運びが簡単にできるようにキャスターが付いており移動しやすく使用しない時には折りたたむことができるので、収納に場所を取ることはありません。ですが背もたれが付いることで腰を支えることができるので安定した姿勢で運動することができ、長時間腰かけていてもお尻が痛くなりにくいように厚みのある素材を使用しており、背中や足にだるさを感じることがないように設計されています。さらに搭載されている多機能デジタルモニターは、操作が簡単で画面が見やすい作りになっています。走行した時間や距離、現在の速度をすぐに確認できます。また目標設定モードが憑いているので走行時間や距離、消費したいカロリーを決めて運動をすることも可能なので、自宅にいながらジムでのトレーニングが本格的に行えます。

webmasterをフォローする
フィットボックス口コミ・評判・効果は?静音は真実?組立て・販売店・最安値
タイトルとURLをコピーしました