フィットボックスとSTEADYST102比較

フィットボックスとSTEADYST102は非常に人気のあるフィットネスバイクですよね。
ここでは、フィットボックスとSTEADYST102比較しました。

フィットボックスの3つの大きな特徴

フィットボックスの特徴はまず作動音が小さいことです。近所への騒音が気になりませんし、音楽や映画を楽しみながら運動することが可能です。そして安全性が高いことも特徴です。長いあいだ運動をしていない人でも、安心してスタートを切れます。膝や足首などを痛めて、病院通いになる心配もありません。最後に多機能なセンサーが搭載されていることです。時間や速度、消費カロリーなどを計測できるから、記録をつける楽しみができます。継続する励みになるから充実したダイエットができるでしょう。

STEADYST102の最大の特徴とメリット・デメリット

STEADYは、フィットネスバイクに特化したメーカーの一つですが、家庭用のフィットネスバイクを選ぶときには機能面だけでなく静音性も追求したい、このように考える人は多いのではないでしょうか。STEADYは利用中の音が限りなく小さいのでマンションにお住まいの人でも安心して利用できます。また、収納面においてもコンパクトに畳める魅力は狭い部屋の中で使いたい人にとって魅力の一つですし、サイズそのものが小さいため一人暮らしの部屋中でも便利に使えます。

フィットボックスの5つの特徴的な機能

世界で大人気となっているフィットボックスは、日本でも300万台を売り上げる商品となりました。メディアなどでも紹介されていますが、このフィットボックスは特徴的な機能を有しているアイテムです。その特徴を5つここで挙げていくと、負荷の自動調整・遠隔操作・身体検査があります。それ以外は本体の設計を司っており、コンパクトで軽量設計になります。購入時に重視をすることは大半の方が、どれだけの負荷を掛けられるのかでしょう。フィットボックスでは最も軽いのが1キログラムで、最大で200キロまで対応します。物理的では不可能な数値ですが、フィットボックスは全自動タイプで、電気を使用したことで可能となりました。フィットボックスは家庭用装置であるので、100ボルトの電圧で駆動をします。電気代は1回につき2円程度しか掛からないので、維持をする際のコストも軽減できるわけです。体力つくりに役立って保管もしやすいマシンです。

STEADYST102の支持される3つの理由と人気の理由

STEADYは自宅フィットネス器具ブランドとして製品を製造・販売しています。STEADYST102は家庭用フィットネスバイクです。支持される理由ですが、STEADYST102にはタブレットホルダがあるため、本を読んだりタブレットでドラマを見ながら気軽にトレーニングを続けられます。次に、フィットネスバイクは膝や腰への負担が少ないので、安全にトレーニングが続けられます。強度は8段階あるため、女性・高齢者の健康維持や本格的なトレーニングにも使えるフィットネスバイクです。最後にコンパクトなマシーンなので置き場所に困りません。人気の理由はきちんとトレーニングができることです。20分ペダルをこいだだけでも身体に影響があり、30分こぐと汗だくにあるという声もありました。フィットネスバイクは有酸素運動になります。有酸素運動は脳が活性化され、ポジティブ思考になるドーパミン、幸福感を感じるセロトニンがといった脳内物質が分泌されるためポジティブ思考になります。心身が健康になるトレーニングを自宅で気軽に続けられます。

webmasterをフォローする
フィットボックス口コミ・評判・効果は?静音は真実?組立て・販売店・最安値
タイトルとURLをコピーしました